# zsh 用プロンプト pure を入れてみる📝

以前から zsh を使っていて、気になっていた zsh 用のプロンプト pure を入れてみました。

# インストール

npm でインストールします。

$ npm install --global pure-prompt

# 変更前

どこかのサイトを参考に設定していました。これはこれで使いやすかったです。

# git settings	# pure settings
fpath=(/usr/local/share/zsh-completions $fpath)
RPROMPT="%{${fg[blue]}%}[%~]%{${reset_color}%}"
autoload -Uz vcs_info
setopt prompt_subst
zstyle ':vcs_info:git:*' check-for-changes true
zstyle ':vcs_info:git:*' stagedstr "%F{yellow}!"
zstyle ':vcs_info:git:*' unstagedstr "%F{red}+"
zstyle ':vcs_info:*' formats "%F{green}%c%u[%b]%f"
zstyle ':vcs_info:*' actionformats '[%b|%a]'
precmd () { vcs_info }
RPROMPT=$RPROMPT'${vcs_info_msg_0_}'

こんな感じでした。

変更前

# 変更後

以下の 2 行を追加します。

# pure settings
autoload -U promptinit; promptinit
prompt pure

設定が簡単で、見た目もいい感じになりました。

pure

# 絵文字に変更

以下のようなオプションを設定することもできます。

PURE_PROMPT_SYMBOL='😎'
PURE_PROMPT_VICMD_SYMBOL='😇'
PURE_GIT_DOWN_ARROW='👇'
PURE_GIT_UP_ARROW='👆'

いったん、絵文字は外した設定で使っていきたいと思います。

絵文字

# 参考🔗