# 2. はじめる を読んで📝

前回: Rust の勉強をはじめたい

# Hello, world!

Hello, world!

  • ! がついていたら、マクロを呼び出している
    • 例: println!()
  • コンパイルする必要がある
    • 事前コンパイル言語: コンパイルしたものを、他の誰かに渡すと Rust がなくても実行できる
    • Ruby などは、環境構築しないと実行できないが、コンパイルは必要ない

main.rs のコンパイル

> rustc main.rs
  • main 関数がすべての Rust プログラムの開始点
    • エントリポイント

# Cargo

  • Cargo

    • Rust のビルドシステム
    • パッケージマネージャ
  • src ディレクトリにソースファイルを置く

    • README とかはプロジェクト直下に置く
  • プロジェクト直下に Cargo.toml を置く

  • $ carbo run で実行

> cargo build
   Compiling hello_world v0.0.1 (/Users/username/programming/rust_practice/projects/hello_world)
    Finished dev [unoptimized + debuginfo] target(s) in 3.80s

> ./target/debug/hello_world
Hello, world!

上と一緒(cargo build + ./target/debug/hello_world

  • 変更されているときだけビルドする
> cargo run
    Finished dev [unoptimized + debuginfo] target(s) in 0.09s
     Running `target/debug/hello_world`
Hello, world!
  • プロジェクトをリリースする
    • $ cargo build --release で最適化をかけてプロジェクトをコンパイルする
      • cargo.lock が作成される
❯ cargo build --release
   Compiling hello_world v0.0.1 (/Users/username/programming/rust_practice/projects/hello_world)
    Finished release [optimized] target(s) in 2.91s

# 簡単にプロジェクトを始める

上でやったことを勝手にやってくれる

ライブラリではなく実行可能アプリケーションを作りたいときは、 --bin をつける。

> cd ../
> cargo new hello_world_2 --bin

# まだわからないところ

  • クレート

# 参考🔗